読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「フェラーリ カラー」その3

オプション色はヒストリックカラー10色が用意されていて、約110万円を払って注文する。

ROSSO DINO ロッソ ディノ (赤)

ROSSO FIORANO ロッソ フィオラノ (暗い赤)

GRIGIO FERRO グリッジョ フェッロ (ガンメタ)

AVORIO アヴォーリオ (象牙色)

CANNA DI FUCILE カンナ デ フィチーレ(鉛色)

GRIGIO SCURO グリッジョ スクーロ (ガンメタ黒)

VERDE BRITISH ベルデ ブリティッシュ (濃緑)

BLU SCOZIA ブル スコッチア (濃紺)

AZZURRO CALIFORNIA アッズーロ カリフォルニア(アッズーロは空色の意。パールが入っていると思われる。)

BLU SWATERS ブル スウォータース

ヒストリックカラーの赤は2色ある。画像で見ると違いがはっきりしないがROSSO DINOロッソ ディノが朱色かかった赤に見える。

 

これらの色のほかオプションカラーとしてディーラーに車体色の見本が準備されている。これがいわゆる時価オプションになる。これらの色はフェラーリのホームページに載っていない。

ROSSO MARANELLO ロッソ マラネッロ

BIANCO ITALIA ビアンコ イタリア(パールホワイト)

とかがあるらしい。フェラーリディーラーでもこれらの色名の写真がいくつか検索できる。

 

それとF12のカタログには、ROSSO BERLINETTAロッソ ベルリネッタとALUMINIUMアルミニウムという2色を「F12の空気力学的フォルムを強調するもの」として新たに加えた、と書いてある。ディーラーでこの2色に色見本を見た記憶がない。いや、説明されたのをわたしが忘れちゃったのだろうか…。

標準色の赤3色とヒストリックカラーの2色、時価オプションの2色でフェラーリは合計7色の赤を揃えていることになる(まだ他のもあるのかも知れない)。

やっぱりフェラーリは赤に強烈なこだわりがあるのだ。