読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「駐車場 空きなし!」

フェラーリF12の駐車場問題、その3である。

前回、自宅近くの砂利びき月極駐車場の2台分のスペースを借りて自費でシャッター付きガレージを建設する、というアイデアが出た。

もちろん駐車場オーナーの許可は必要だ。駐車場契約が終わったら自分でガレージを撤去しなければならない。

しかし、割高で遠い都内地下駐車場を借りるよりも費用は安く、利便性は高いのだ。現在最良のアイデアというべきだろう。

その後、追加で調べるうちにガレージに防犯カメラを取り付けるということになった。もちろん車両保険加入の為だ。

防犯カメラを取り付けは保険代理店氏が知り合いに頼めるという。電気をガレージにひく必要があるがそれも東京電力に頼めば問題ない。

「い〜じゃない。このアイデア」

この案は悪くない、いやこの案が一番妥当な案かも知れない。家から数分、歩いて行ける場所が見つかるなら最高だ。

さっそく、近場の不動産屋にあたる。

でも空きがないのだ、調べても空きがない。

「ひとつは空いてますが二つはないですね」

どの不動産屋も2台並んで空いていない。

いつ空きがでるか、不動産屋もわからない、という。

一応、空きが出たら連絡もらえるように頼んでおいた。

良いアイデアだが、空きがないのは致命的だ。

「2台分、場所が離れて空きがあったら、賃貸者に掛け合って場所移動してもらい2台分並べて空きをつくれませんか?」、

と不動産屋に言ったら露骨に嫌な顔をされた。

空きが出るのを祈りつつ、別案を練っておく必要がある。

なにせフェラーリが納車されるまでに駐車場を確保しなければならないのだ。

 

もう一つの案が浮かぶ。

わたしの自宅からそれなりに離れたところ、クルマで20分くらいの場所に農業用工具や田植機などを納めている車庫や、建築会社の建機を納めたガレージがあるらしいのだ。

農家が自分の農機具や田植機などを納めていたり、建設会社に資材置き場として貸していたりする。

当然スペースには余裕がある。でもセキュリティはないに等しい。夜はおろか昼間だって人がほとんど寄り付かないような場所。シャッターったってボロボロで開けるたびにサビが降ってくるようなガレージなのだ。

防犯カメラやセンサーライトを取り付ける必要がある。

「なんかバットマンのバットモービルを隠しているような感じだね。外見はボロボロで内装は最新にするか」

「シャッターもリモコンで開くタイプに変えて、周囲の照明もONになるように設定するとか」

う〜む。カッコいい。

賃借料は砂利びきと同じ。もちろん初期投資は第2案と同じくらいかかる。

 

「大変だな駐車場さがし…」 

「とにかくいろいろアイデアだしてがんばりましょう」

車庫探しでこんな苦労すると思わんかった。