読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「フェラーリF12ベルリネッタ納車日は

F12の納車日が決まった。

いや正確には3日くらいズレることはあるらしい。

車庫と車両保険は解決する目処はたちつつある。(まだ確定ではないけれども)

ちなみにF12の納車はディーラーに受け取りに行くしかないそうだ。

強制ではないが、

「なるべくご来店いただきお引き渡ししたい」、

そうな。

べつにわがまま言いません。おっしゃる通りにいたします。

 

いままでいくつかの輸入車ディーラーからクルマを購入しているが、ディーラー毎に方針があるようで、

「納車にせよ整備にせよお客さまにご足労いただかず私どもがお伺いします」、

というディーラーもあれば、

「取りに来ていただければタダです。お届け、引き取りは料金が発生します」、

というディーラーもある。

フェラーリも複数のディーラーが扱っているので違いはあるのかも知れない。

ディーラーに新車を受け取りに行くのは面倒とは思わない。電車でもバスでも乗って新車を受け取りに行く。タクシーではなく電車バスを調べて乗り継いで行く、楽しいではないか。

考えてみれば仕様決定したあの日以来、一度も行っていない。

綺麗なあのお姉さん達はまだいるのだろうか。 輸入車ディーラーの受付のお姉さんはたいてい容姿端麗である。採用基準で定めているのだろう。でも、長く勤めているお姉さんは少ないのではないか。一年もすればいなくなっている。それとも異動しているのか。こんど懇意のセールスマン氏に聞いてみよう。もし辞めているならば、ぜひウチの会社に面接にきていただきたいものだ。

 

ところで、フェラーリって冷寒時の始動性や安定性はどうなんだろう。

もちろん雪の日にF12を乗ろうなどとは考えていないが、寒冷時の安定性は気になるところだ。

F12(に限らず458もFFも)は2週間以上エンジンを始動しないとバッテリー上がりの可能性があるという。 セールスマン氏いわく、

「3週間でも大丈夫と思いますが、できれば2週間以内に一度乗っていただきたい」、

そうな。

わたしは平日フェラーリに乗るつもりはない。

朝も夜もごく普通に出勤し帰宅する生活をしている。

小学生が登校するなかフェラーリを走らせたり、夜帰宅してからわざわざクルマを乗り回したりする生活はしない。あくまで休みの日に乗るつもりだ。

一昨年の冬は関東でも一週間おきに大雪が降った。二週間連続で週末大雪だった。あれと同じ事態になったらわたしのF12はバッテリーが上がるのだろうか。

自宅から離れた車庫にいちいちスコップもって雪かきしにいくのか…。事情知っている人に見られたらどうするか。フェラーリを車庫から出すためにスコップもって雪かきしてるわたし。

いさぎよくバッテリー上がらせるか…。