読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「フェラーリを買うことにしました」

フェラーリを買うことにしました。

それなりに深く思うところあってフェラーリを買うことにしたのですが、ここでは割愛します。

この見ず知らずのわたしのブログを読んでくれる方には、わたしがなぜフェラーリを買おうと思ったのかという個人的な心情より、フェラーリを選ぶ買いに行くその過程で何が起きたかというお話の方がよほど面白いだろうと思うからです。

 さて、フェラーリを買うぞ、と決めたからには情報収集しなければなりません。

正直言ってフェラーリのことを理解していたのは10年以上前のことです。今、わたしはフェラーリがどんなラインナップになっているのかわかりません。

で、ネット検索しました。 

フェラーリのサイトを見るなんて何年ぶりだろう。

はっきりと覚えているフェラーリは512TRが生産中止になって12気筒がフロントエンジンの550マラネロになったあたりでまでです。

それ以降も雑誌で612スカリエッティや599フィオラノを見かけたけどあまり興味も湧かずに記憶も曖昧なままになっていました。

んで、フェラーリのホームページを見る。う〜む、フェラーリの公式ホームページがあることも新鮮な驚き。

むかしは外国自動車メーカーの生の情報を見る機会が少なかった。あったとしても皆、自動車雑誌か輸入代理店の広告くらい。それぞれの自動車メーカーの本国の事情などまったくわからなかった。

たとえばフェラーリがイタリアの自動車税対策で308GTBの2リッター版208GTBを販売していたなんて、当時はまったく知らなかった。このころインターネットのホームページで自動車メーカーのサイトがあればどんなに楽しかったことだろう。

 

今、新車で発売されているフェラーリは12気筒車でF12ベルリネッタ、FF。8気筒で458イタリア、458スパイダー、カリフォルニアT。特別仕様の458スペチアーレ。

基本的に8気筒と12気筒の2種類のエンジンというのは昔とかわらない。しかしフェラーリがズッズ販売をしているのはびっくりした。TシャツくらいならF1ファンは欲しがるだろうし驚かない。しかしラコステ並の豊富な品揃えである。フェラーリもずいぶんと商業的になったものだ。

フェラーリのホームページにはカーコンフィギュレーターなるものがあって、車体色からさまざまなオプションが画像表示される。わたしが子供の頃、スーパーカーブームの時にこれがあったら狂喜しただろう。

それから数週間、公式ホームページだけでなくディーラーのホームページやYouTubeの動画やら検索できるものいろいろ見つづけた。

さぁ、どのフェラーリがいいのかなぁ。