読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「フェラーリに乗るために会社を起こす」

営利事業? どうやるの? 

会社を作ってください。起業です。起業は株式会社の設立でも個人事業主(ひとり親方みたいなもんです)の届け出でも良いです。 (このあたりはネットで調べてください。むかしに比べて株式会社設立は簡単になっています)

ひとつ確認。

いま、あなたはどんな方法で収入を得てますか。 

自営業?…まんまOKです。

サラリーマン?…う〜む。それはちょっと解決しなければならない問題があります。

サラリーマンじゃない人でフェラーリにお金をかけずに乗りたい人は起業してください。

で、サラリーマンの人は、いま勤めている会社の社員規則を読んでください。

その社員規則に会社の仕事の他に営利事業を行って良いか悪いか書いてあると思います。 わかりやすく、「他の会社に努めてはならない」と書いてあるかもしれません。また、「会社を設立してはいけない」と書かれてあるかも知れません。個人事業を営んではならないと書いてあるかもしれません。 こうした社則があると、あなたは自分の会社に勤めている以外に自分で会社を起こしたり、自営業を行う事はできません。

ただ、書いてあったとしても会社に相談してみる価値はあります。 実はサラリーマンで会社勤めしていても家が代々、農業をやっているとか、土地持ちでアパート経営しているという人はいるのです。そういう人の場合、ほとんどの会社で兼業を認めてくれます。

会社が従業員の兼業や事業を嫌うのは、ちゃんと会社の仕事をしてくれないとか、会社の事業とバッディングするとか、兼業で不祥事や問題を起こしたりしないか、などを想定しているのです。

でも、一般的に認められている趣味を元にした兼業を拒否することはないと思います。 もちろん会社での業務時間中は一切、兼業事業のことはやらない、休日や業務時間外であることを宣誓させられると思います。

「駄目〜っ」という会社だったら、しょうがないとあきらめてください。

わたしの勤めている会社には社員規則はない、という人は会社に聞いてください。だまってやらないほうが良いです。トラブルの元です。

晴れて認められれば会社を起こす、個人事業主届けを出せます。

フェラーリにあまりお金をかけずに乗る。一歩、前進です。