読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェラーリのブログ

フェラーリに関わった顛末

「F12 カーウォッシュモード」

F12にはカーウォッシュモードなるものがある。

F12を車庫に納めキーをOFFにする、と警告音とともにメーターに、「カーウォッシュモード」なる表示が出てキーが抜けなくなる。

「ん? カーウォッシュモード? 洗車モードとな…?」

キーが抜けないというのはマズい。いろいろ迷った末、一度キーをONにまで回して電装ONにしてブレーキペダルから足をはなして、もう一度キーを切る、とハンドルロックのカチンという音がしてキーが抜けた。ほっ…。

当初はなんのことやらわからなかったが取説を読んだところ、ブレーキペダルを踏んだままキーをロック位置にするとカーウォッシュモードとして検出されキーを抜く事を警告することになっているそうな。

フェラーリはパーキングブレーキを作動させた後、ブレーキペダルから足を離してキーをOFFする動作を正(正常なパーキング、駐車)とし、ブレーキペダルを踏んだ状態でOFFにするのはカーウォッシュモード(このカーウォッシュって自走式洗車機のことか)として扱う、ということなのだろう。ふ〜ん…。

わたしギアをPに入れ、サイドブレーキをかけてもブレーキペダルを踏み続けたままキーをOFFにする動作がしみ込んでいる。今も他のクルマではそういう手順で降車する。みなさんは如何に?

ということでF12に関しては下りる時はパーキングブレーキ作動後、ペダルから足を離してキーをOFFにする手順に切り替えている。

なんでかなぁと思っているが郷に入れば郷に従え。気にしていない。

 F12のギアはニュートラルと17速はシフトパドルで操作(シフトパドルのUPDOWN両方を同時に引くとニュートラルになる)、リバースはセンターコンソール上のボタンで操作する。Pをギアで選択することはない。

F12の基本設定ではキーをOFFにするとパーキングブレーキが自動的に作動しPになる(ギア表示部にPが表示される)。普通のDCTのシフトはPポジションを選択するがフェラーリの場合、ギアのPポジションとパーキングブレーキが一緒になっていると言う事か…。

 

これまでのところF12に目立ったトラブルは起きていない。警告の過剰通報しかおきていない。その過剰警報も最近は鳴りを潜めている。

セールスマン氏の言葉を信じれば、

DCTギアボックスの耐久性も高くなり4万キロくらいはなんの問題もないでしょう。最近のフェラーリは極々普通のクルマですよ」、

とのことだ。

もっともこのところF12の走行距離はまったく伸びていない。

納車されて半年を過ぎたころから私のF12への関与はかなり薄らいできている。

 

automotive-blog.hatenablog.com